Subscribe via RSS

分野別トップレベルドメインが自由化される

By hp-mster

インターネットのサイトやメールのアドレスについて、末尾部分のに「.com」「.biz」といった項目のことを分野別トップレベルドメインといいます。

現在、分野別トップレベルドメインは22種類に限定されているのですが、分野別トップレベルドメインを自由化することが決まりました。

自由化により、地名、企業名なども分野別トップレベルドメインとして登録でき、英語以外の漢字やひらがなを使用することも可能になります。

登録にはアドレスやドメインを管理する国際団体「ICANN」(Thelnternet Corporation for Assigned Names and Numbers)に申請し、審査を経ることが必要です。

ただし、申請費用として1480万円ほどかかるので、個人での取得よりは、企業の広告・宣伝や、新たなネットビジネスのために活用されることが多いといえるでしょう。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

他人の特定商品の表示と同一か類似している場合とは・・

ここでは「他人の特定商品等の表示と同一か類似している」と判断されたケースを紹介します。

たとえば、割賦購入あっせんを手がける㈱ジャックス(JACCS)とドメイン名「jaccs」の同一性が争われた事案です。富山地裁平成12年12月6日判決は同一性ありと判断しています。

この事案では、大文字と小文字の違いは、あまり意味を持たないと判断されました。ドメイン名は、ほとんど小文字のアルファベットで構成されているというのがその理由です。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科 – 値引き!割引!最安値.com

なお、経済産業省のホームページには、これまで同一性、類似性が認められた裁判例などが掲載されていますので、参考にしてください。

 

 

 

Comments are closed.