Subscribe via RSS

多汗症 治療においては、様々な対策法がありますが心的治療が難しい

By hp-mster

多汗症 治療においては、様々な対策法がありますが、「心的」に汗をかくことはとても治療が難しいです。

ある診療室にこられた女性の多汗症の方の話をしましよう。

女性の多汗症の方は小さいころから汗かきでした。ただしそれは、小学生のときのできごとがきっかけでした。多汗症 対策をしなければいけなくなったできごとというのは、こうです。

女性の多汗症の方はピアノを習っていたのですが、ある日レッスンに遅刻しそうになり、暑いなかを教室へ駆けつけてすぐにピアノを弾きはじめたのです。ところが走ってきたために汗が止まりません。それは当然のことですが、その汗を先生が呆れて笑ったのだそうです。

それからというもの、女性の多汗症の方はピアノに行くたびに汗をかくようになったそうなんです。多汗症 治療が必要な原因とは意外にささいなものなんですね。

でも、こういう心理的な多汗症 対策が難しいんです。

 

 

Comments are closed.